サイズ調整可能

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療用かつらと一般のオシャレ用かつらの違いとして、医療用かつらにはサイズ調整ができるものがあります。バストやウエストのサイズは体重の増減で大きく変わりますが、頭のサイズはあまり変化しないと言われています。確かに目に見えての大きな変化はありませんが、薬の副作用により脱毛すると頭のサイズは小さくなり、治療終了後に発毛が始まるとそれに合わせて頭のサイズは大きくなります

ウイッグ小さな違いですが、医療用かつらは頭部にフィットするよう作られているため、小さな変化でも装着に違和感が現れる事があります。病気の治療はそれだけでも大きなストレスです。そのうえ医療用かつらのサイズが合わないのでは、外出もおっくうになってしまいます。多くの医療用かつらは治療の進行度合いによるサイズ調整が可能な作りになっています

サイズ調整方法は、医療用かつらの裏側にアジャスターがついていて、サイズの変化に合わせて自分で調整します。小さなサイズ変化でしたらこの方法で対応できますが、アジャスターでは対応できない大きさの変動があったり、頭の形によって部分的なサイズ調整が必要な場合は購入した販売店へ調整を依頼する事もあります。このサイズ調整がアフターサービスとして無料でお願いできるのかは、購入時に確認しておくと安心でしょう。

オーダーメイド可能

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療用かつらは一般的なオシャレ用のかつらと違い性質に基準が設けられています。そのため治療中の敏感な体でも安心して装着する事ができます。更に医療用かつらの特徴として多くの販売店、販売メーカーがオーダーメイドに対応しています。一言でオーダーメイドと言っても、セミオーダーとフルオーダーに別れている事が多いです。

ウイッグ販売店により対応が違う場合もありますが、多くの場合、セミオーダーはあらかじめ候補にある髪型、髪色、サイズから好きな組み合わせを選んで購入します。実店舗では実際に試着をして購入できるところが殆どです。通販の場合は事前の試着はできないと思う人が多いかもしれませんが、実は往復送料無料で医療用ウィッグの試着ができる通販サイトもあるのです。実店舗にわざわざ出向かなくても配送してもらえるのはとても便利です。他にも、

購入後、到着して実際に装着してみて、フィット感が悪ければ返送し作り直しを依頼する事が可能な店舗もあります。セミオーダーしたサイズと髪型、髪色の医療用かつらが複数送られてきて、気に入った方を所持しそうでない方を返送する方法を採っているところもあります。値段は既製品よりも高めで、販売店により差はありますが目安は50000円~300000円です。

フルオーダーは毛色や密度、毛量など細かいところまで指定し、一から作成をお願いする事が可能です。その分納期と価格がかかりますが、自分にぴったりの医療用かつらを手に入れる事ができます。値段の目安は300000円~800000円です。

ウィッグとの違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

かつらとウィッグの違いは、実は本質としてはどちらも同じものです。一般的に、女性向けでオシャレ重視なものをウィッグ、男性向けのものをかつらと呼ぶ事が多いです。しかしこれも必ずではなく、販売店によってはどちらもウィッグと呼んでいる場合がありますし、逆にどちらもかつらと呼んでいる事もあります。最近は、かつらに対して抵抗感を抱く人もいるためか、ウィッグと表現する販売店が増えています。

髪の長い女性医療用の場合も同じで、本質的には医療用かつらも医療用ウィッグも同じものです。但しファッションとしてのかつら、単に薄毛を隠すだけのかつらと、医療用のかつらでは違いがあります。医療用のかつらには規格があります。医療用かつらは肌に触れる部分が多くなりますし、その肌も、治療のため敏感になっている事が多いです。そのため安全性の基準が設けられています。

試験されているのはパッチテストによる皮膚刺激指数、洗濯や汗による色落ちのしにくさです。基準で重視されるのは性質なため、見た目の自然さやオシャレさは設けられていません。そのため、医療用かつらを名乗っている商品には見た目が不自然に見えるものも中にはあります。しかし現在ではそれは少数です。

医療用かつらとは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

揺れる髪かつらとウィッグは本質としては同じです。女性向けのものをウィッグ、男性向けのものをかつらと呼ぶ場合が多いですが、厳密な使い分けがされているわけではありません。しかし一般的なオシャレ用かつら、薄毛隠し用のかつらと医療用のかつらでは大きな違いがあります。まず医療用のかつらには安全性の基準が設けられています。これは医療用のかつらは肌に触れる部分が多いためです。基準として設けられているのはパッチテストによる皮膚への刺激の強さ、洗濯や汗による色落ちのしにくさといった、医療用かつらの性質に関わるものです。見た目の自然さやオシャレさは基準にはないため、医療用かつらとして販売されている商品の中には見た目が不自然なものもあります。しかしそれは最近では少数で、殆どの商品が見た目も自然でオシャレに作られています。

更に医療用のかつらとして特徴的なのは、セミオーダー、フルオーダーに対応している商品が多い事です。長時間、長期間装着するものですから、フィット感にこだわる人が多いためです。既製品に比べるとオーダー品は高価で納期はかかりますが、自分にぴったりと合った医療用かつらを手に入れる事ができます。多少高くても愛着のわく、快適な医療用かつらが欲しいという人もいるでしょう。

医療用かつらの特徴として、サイズ調整が可能が事があります。全ての医療用かつらが対応しているわけではありませんが、治療中は髪の脱毛、発毛により頭部のサイズが変わります。それに合わせたサイズ調整が可能なようにアジャスターがついている医療用かつらがあります。